top of page

外反母趾の症状

皆さんこんにちは

群馬県前橋市のしいな接骨院です!


今回は、外反母趾の症状について書いていきます。

外反母趾の方を沢山見てきましたが一番多いのが


① 痛み(関節部の痛み)

 痛みが一番多いですよね。

 親指の関節部が腫れてしまい痛みが出る方や、靴を履いていると靴に当たって痛みが出る

 方がいます。

 ひどくなると足の裏に痛みが出たり、神経を絞扼されて痛みが出たりします。


② タコや魚の目

 外反母趾の方は足の機能低下がある方がほとんどです。そうなると歩行時に通常かからな

 くても良い場所に圧がかかりタコや魚の目が発生してしまいます。

 痛みを伴うと歩行にまで影響が出るので早めの処置をおすすめします。

 変形が重度の方は指が重なり潰瘍ができてしまう場合もありますので注意が必要です。


③ 膝痛・腰痛

 外反母趾が影響で起こる場合があります。

 足の機能低下⇒外反母趾⇒歩行障害⇒膝・腰関節に負荷⇒膝痛・腰痛

 という負の連鎖による痛みが起こります。

 外反母趾がありなかなか膝痛・腰痛が良くならない方はもしかしたら足に問題があるかも

 しれません。


外反母趾は早期に対処すれば改善できる症状です。

手遅れになる前に足の専門家にご相談をおススメします!

ぜひ、当院にご相談下さい!

外反母趾お任せ下さい! 

                    前橋市 しいな接骨院 椎名

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page