top of page
  • 椎名 紘大

子供の足の特徴(足育)

こんにちは!

群馬県前橋市のしいな接骨院です!

当院では足育に力を入れています(^^


今日は子供の足の特徴について書きます。


子供の足は柔らかい

 赤ちゃんの足を触ると柔らかくて気持ち

 が良いですよね!

 実は子供の足はまだ骨化しておらず、

 柔らかい軟骨状態なんです!

 完全に骨になるのは18歳頃と言われて

 おります。


 ママさんチェックポイント

子供の足は柔らかいので足に

合わない靴でも履けてしまいます。

サイズが小さくても足が靴に順応してしまいます。

結果として足の成長を阻害してしまい変形などがでてきます。

なので、親御さんがしっかりと子供の足を見てあげることが大切!!


足の幅が広い

 子供の足は筋肉が未発達なので、土踏まず

 が潰れているため足幅が広くなります。

 3歳頃から筋肉も発達してきて土踏まず

 ができてきます!


 幼児期の2歳頃は土踏まずがないのは

 正常なので大丈夫です!!


足の成長が早い

 子供の足の成長は早く、特に3歳くらいまで

 は非常に速いです!

 成長ペースは前回のブログを

 お読みください。

 


ママさんチェックポイント

子供の足の成長が早いからといって大きめの靴を買うのはダメです!!

子供靴はたしかに安くはないですが、子供のうちに足を大切にしなければ 大人になった時に大変になります。

足を大切にしてください!!







お読みいただきありがとうございます!

子供の足にお悩みの方、足を見て欲しい方はしいな接骨院までご連絡下さい!

        しいな接骨院  椎名紘大


 


 

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page